So-net無料ブログ作成

天空の古代都市マチュピチュ・・・♪ [ペルー]

ペルー3日目 

マチュピチュ村からシャトルバスに乗り山道を走ること約30分

マチュピチュ遺跡に到着しました。

IMG_1052.JPG

遺跡内にはトイレがないのでここで必ず入るよう促されました。

(有料トイレは2ソルです)


ガイドさんの説明を聞いて さぁ出発です♪

IMG_1074.JPG

入場後ほどなく急勾配の坂道が・・・これが結構キツイ・・・^^

IMG_2383.JPG

坂道を進んで行くと見えてくるのがワイナピチュと貯蔵庫

IMG_1082.JPG

いくつもある貯蔵庫にはここで採れた農作物や農具を保管していたそうです。

IMG_1093.JPG

こうして見るとここは本当に山に囲まれた天空都市

IMG_1086.JPG

なぜこんな急峻な山の尾根にマチュピチュを造ったのか・・・

今でも多くの謎が残るインカの遺跡

発見されてからはスペインの侵略から逃れたインカ帝国が造り上げた伝説の都市と考えられてきましたが最近では第9代皇帝パチャクティの離宮という説も有力です。 まだまだ解明されていない事も多く やはりマチュピチュは神秘の遺跡です・・・(*´∇`*)

IMG_1097.JPG

三角屋根の向こうに見えるのは・・・


そしてさらに進むと見えてきました マチュピチュ遺跡!!

IMG_1103.JPG

山々に守られマチュピチュ遺跡が姿を現しました。

IMG_1109.JPG

IMG_1108.JPG

まさに絶景・・・ため息のような言葉しか出てきません(´∀`*)

今まで漠然と思い描いていたマチュピチュ

いまこうして自分の目で見ている事が現実 目を閉じても消える事のない現実

"あぁ・・来てよかったー"

何度も何度も心からそう思いました(*´∀`)♪


ここでたくさん写真を撮っても同じようなものばかり^^

本当にマチュピチュへ来た証拠の一枚(笑)

ガイドさんと一緒に・・・♪

IMG_2382.JPG

クスコからマチュピチュでのガイドさん! いろんな場所でドンドン皆さんの写真に入ってくれました。

思い出の一枚がたくさん増えてとてもよい思い出となりました(^^)

IMG_1159.JPG

急斜面に広がる段々畑

IMG_1160.JPG

その段々畑の最上段に立つ見張り小屋

IMG_1193.JPG

ここからマチュピチュ全体が見渡せるため見張り小屋になったのだそうです。

そして遺跡歩きは市街地入り口へ続きます(^^)



nice!(120)  コメント(35) 

オリャンタイタンボからマチュピチュ村へ・・・♪ [ペルー]


はじめに・・・^^

前記事でコメントをくださった皆さま 

この度は書いてくださり本当にありがとうございましたm(_ _)m

久しぶりのコメントはとても嬉しく大切に読ませていただきました。

最近のわたしの記事では 皆さまにコメントをいただける事を書けていないと考え コメント欄を開けるのは控えていました。

今回は思いがけずのコメント欄となり私の中で納得できる記事を書けているわけではありませんが・・・これからも少しずつでも更新できたらいいなと思っています^^

皆さま これからもどうもよろしくお願いいたします(^^)



そして ペルーは2日目 後半

クスコの街歩きを終えてバスでオリャンタイタンボ駅へ到着しました。

列車が出発したのが19:30・・・ 夜なので外の景色は見ることが出来ませんが なにしろ絶不調のわたし

もし外の景色が素晴らしく見えたとしても それどころでは無かったです(*゚▽゚)ノ

この列車は向い合わせの4人席

座る場所もすでに決まっていますが 空いている席があるのでそちらで休ませていただけました(*´-`)

この時の荷物ですがスーツケースはクスコへ置いて来ているので1泊2日分の荷物を準備して列車に乗っています。


オリャンタイタンボ駅から1時間30分 マチュピチュ村へ到着

駅からすぐ近くのホテルへ

IMG_0959.JPG

ここで遅い夕食の時間ですが 私はとても食事をとるどころでは無いのでチェックインしたあと部屋で休ませていただくことにしました^^

この時 添乗員さんが酸素濃度を測ってくれましたが 以外にも高山病の数値では無かったです。

標高3400mのクスコから2040mのマチュピチュ村へ来たので少しは落ち着いて来たのかも知れません(*´-`)

ひどい高山病になると呼吸困難や昏睡状態になる事もあり本当にコワイ高山病・・・! 

強制下山をしなければならず旅を続ける事が出来ない方も多いと聞きます。

そんなわたしは寝不足と疲れによる体調不良と言う事になりひとまず安心です(*´꒳`*)



一晩休んで翌日

IMG_0991.JPG

マチュピチュ村の朝 6時に出発します

ホテルでは簡単な朝食も用意されていました。

IMG_0962.JPG

ここにも高山病に効くというコカの葉がありました!

IMG_0966.JPG

ペルーといえばマチュピチュというイメージがありますがマチュピチュ遺跡に行くには必ず通るこちらの村

マチュピチュ村はアンデス山脈の中央に位置する人口約3000人ほどの小さな村ですが 温泉が湧き出る事からアグアス・カリエンテス(熱い水)と呼ばれていました。

そしてこの村の初代村長さんは日本人

クスコからマチュピチュまでの線路の建設に携わり村初のホテルを開業したり水力発電所を建て電力を供給したりマチュピチュ村の発展に尽力した方です。

IMG_0996.JPG

温泉が湧き出ていたり遠く離れたこの国でまるで何処かの温泉地のような日本を感じられるのはなんとなく懐かしい感じもして来ます(^^)

IMG_1001.JPG

村にはお土産屋さんや飲食店もありますが早朝なので開店しておらず

IMG_1009.JPG

こちらは後でのお楽しみに・・・♪

IMG_1015.JPG

村のあちこちにある 可愛らしいゴミ箱

IMG_1020.JPGIMG_1021.JPG

ちゃんと分別されていますね!

村の中心にあるアルマス広場

IMG_1027.JPG

こちらでもパチャクティ皇帝の像

IMG_1029.JPGIMG_1033.JPG

さてマチュピチュ遺跡へ行くバス乗り場へ・・・

IMG_1046.JPG

遺跡には早朝から行くのがベストなので すでに大勢の人が並んでいます^^

IMG_1047.JPG

26台のバスが一日に何往復もしているのですが それでも足りないそうです。

大勢の人が並んでいる割りには早く進み程なくバスに乗り出発!!

IMG_1049.JPG

そしてバスは山を走りマチュピチュ遺跡へ向かいます(*´∀`)♪

nice!(124)  コメント(26)