So-net無料ブログ作成

クスコからラ・ラヤ峠、プーノへ・・・♪ [ペルー]

ペルー4日目の朝クスコを出発

 アンデス山脈を突っ切ってプーノへ3000mを越える高地を走って行きます^^♪


出発して40分、パンの都 オロペサの村へ到着

IMG_1648.JPG

ここであるパン屋さんへ

IMG_1650.JPG

大きな焼き釜でパンを焼くところを見せていただきました ♪

IMG_1659.JPG

オロペサ名物のチャッタパン とても大きく30センチはあるかというパンはミルク風味のやさしいパン

IMG_1672.JPG

ガイドさんが買って来てくれバスの中で皆さんで分けていただきました(^^)

走っても走っても どこまでものどかな景色が広がります。まさしく大草原・・・ずっと続く広大な風景 ♪

IMG_1835.JPG

今まで思い描いていた風景・・ここへまた来ることはあるのかと・・もう二度と来ることも見る事も無いのかもしれない と・・いつまでもずっと見ていたいと思いながら大切な今を過ごしていました(*´꒳`*)

クスコを出発してから3時間 ひたすら3000m越えを走るバスは3479mのサンパブロへ到着

IMG_1752.JPG

ここにはリャマやビクーニャ、アルパカなどがいる所・・すぐ近くでみる事ができます^^♪

IMG_1751.JPG

みんな下向いてひたすら草を食べているけれど近くで見ると やっぱり可愛い ♪

IMG_2442.JPG

ここにはペルー特産のお土産屋さんもありました。

クスコからプーノへ向かうコース わたし達はバスで移動でしたが、列車で向かう事も出来ます。

IMG_1772.JPG

同じ道のりを行く線路を見ながらバスは進みます。


そしてバスは今回の旅 最高標高のラ・ラヤ峠へ・・・

IMG_1788.JPG

標高4335mのラ・ラヤ峠 

3000mを越えたクスコへ来てからずっと高山病のような頭痛の症状が続くわたし・・もう1000m高くなろうが低くなろうが体調は変わらず・・^^ 幸いにもこれ以上具合が悪くなることは無いようです♪( ´▽`)

5500m以上のアンデスの山々にはしっかりと雪化粧

IMG_1803.JPG

ここではアンデスの人々が過酷な中でも生活する移住地があり小さな露店を出して頼もしく生活していました。

IMG_1801.JPG

ラ・ラヤ峠の休憩が終わるとバスの中でランチに・・クスコのアルマス広場で行った「プカラ」のおにぎり弁当です ♪

IMG_1804.JPG

とりの唐揚げにゆで卵、白菜の浅漬け、パリパリの海苔までついたプカラの人気のお弁当 ♪

IMG_1807.JPG

ペルーでこんなに美味しいおにぎりが食べられるなんて・・と皆さん大感激でした。

ペルーへ来てから今でも食欲ゼロがつづくわたし・・なにも食べられないと言うわけではないのですが、どうもこうも食べ物を口にしたくないし喉を通らないないと言った感じ・・^^; けしてダイエットをしているわけでも無いのですか・・大げさではなく "もう一生何も食べなくてもいいや・・" と思うほど(^-^;

でも、でも子供でもないので心配するに及ばず・・高地を離れれば良くなるのはわかっていますから・・・(*´꒳`*)

IMG_1821.JPG

そうそう・・ペルーのみかんは日本のみかんの様にとっても美味しいみかんでした ^^♪

そしてバスは標高3900mのクハラの街に到着 

IMG_1875.JPG

プーノへ向かう最後の立ち寄り場所になります。

有料のトイレは1ソル お店番の女の子がメチャクチャ可愛い〜♪

IMG_1846.JPG

ここのコーヒーは有名なのだそうでお土産にオススメされました。

IMG_1848.JPG

自分のメモには1袋6ソル、1杯2ドル・・? 6ソル? ドルとソルが混合?なんでもメモしてるけど もうこの辺りまで来ると自分の字でも読めない^^;

1袋6ドル、1杯2ドルの間違いかなぁ(・・?)

IMG_1851.JPG

コカ茶と並んで良く見かけるコカキャンディ

IMG_1862.JPG

高山病の予防に効果あると言われていますがコカ茶もコカキャンディもコカインの成分が入っていて ペルーでのみ口にできるもの・・もちろん日本への持ち込みも厳禁です^^

朝クスコを出発してから約8時間・・プーノへ到着

IMG_1890.JPG

楽しかったバス旅も終わり ここからチチカカ湖へ・・・♪


気になる標高は3800mです(*´∀`*)




nice!(129)  コメント(27) 

オリャンタイタンボからクスコへ・・・♪ [ペルー]

2019年・・初めての記事となりました^^

皆さま 今年もよろしくお願いいたします。




ペルー旅はマチュピチュから一時間半 列車はオリャンタイタンボ駅に到着しました。

オリャンタイタンボで見かけたタクシー ♪

IMG_1530.JPG

IMG_1529.JPG

ペルーでは珍しい変わったタクシーが多く見られます。

何人乗り? コレって車?ってタクシーが走っていてとても楽しいです(*´∇`*)

そしてオリャンタイタンボからバスでクスコへ・・・クスコまでは来た時と同じ約80km、2時間の移動です。

クスコに着いて そのままにホテルへ向かいます。 到着した時の時刻は18時30分・・・皆さん長距離の移動で少しお疲れです^^

さて・・到着したホテルでは夕食に ♪

IMG_1545.JPG

IMG_1558.JPG

生演奏もありましたが この後お決まりの各テーブルを回ってCDの販売が・・・^^;

私はこれか結構ニガテ・・・でも同じテーブルの人が買っていたので運良く難を逃れることが出来ました(´∀`*)

高山病が心配のため我慢していたビールも・・でもクスコは標高3400m・・・だいじょうぶ?(*゚▽゚)ノ

IMG_1555.JPG

ペルーのビールはクスケーニャ このビールとっても美味しいらしいのです!

よく見るとラベルにはマチュピチュ遺跡、瓶の下にはクスコの12角の石・・・ペルーらしいビールになっています (*´∇`*)

そしてこのビールの蓋は栓抜き要らず・・怪力ではなくても手で開けられます(^^)

食事はサラダ、チキン、デザート♪

IMG_1549.JPG

IMG_1559.JPG

IMG_1562.JPG

ここでもジャガイモが・・ペルーの料理はホントにジャガイモがよく使われています(*´∀`)♪

部屋はベットが3つ・・二人で広々使えます ♪

IMG_1568.JPG

綺麗で広くてシャワーも強く出てとっても快適!思いっきりシャワーが出来たのがホントに嬉しかったです。ペルーはどこも水まわりが良くないのでシャワーやトイレはこんなものだと思っていないと笑撃を受ける事になります(^_^*)

宿泊したホテルは「マベイ」ゆっくり休めてペルーで宿泊したホテルでわたしの中ではNo. 1のホテルでした(*´∀`)♪

そして次の日の朝 ペルー4日目となります。

IMG_1590.JPG

IMG_1592.JPG

ここでもコカ茶・・・♪

IMG_1605.JPG

標高の高いクスコへ来たので飲んでみましたが・・・コカ茶はやっぱりニガテでした^^

IMG_1640.JPG

この日はクスコを7時30分に出発してバスに乗って8時間、約360km離れたプーノへ向かいます(*´꒳`*)

nice!(121)  コメント(28) 

マチュピチュ村でのランチそしてオリャンタイタンボまで・・・♪ [ペルー]

早朝から遺跡へ出発して午後マチュピチュ村へ帰って来ました ^^

IMG_1429.JPG

朝はまだ開いていなかったお店の前を通り村のレストランでランチとなります^^♪

IMG_1449.JPG

気になるお土産屋さんはこの後の自由時間のお楽しみ ♪


レストランの2階へ

IMG_1435.JPG

ランチは・・前菜とレモネード

IMG_1439.JPG

IMG_1441.JPG

パンにメインはチキン そして可愛いデザートでした(^^)

IMG_1443.JPG

IMG_1445.JPG

そのあと自由時間になりお楽しみの村のお土産屋さんへ・・・♪

IMG_1458.JPG

小さな村なので散策をしながらお土産屋さんも覗きます(*´∀`)♪

クスコでも見かけた頭からスッポリかぶるヤツ あちこちで売ってるけど、 怪しいけど・・買う人いるのかなぁ?

でも冬にかぶったら暖かそう?(*゚▽゚*)

IMG_1459.JPG

いろいろなお土産屋さんに入って たくさんの小物を買って来ました 変なマスクは買わなかったですが やっぱりお買い物は楽しい〜〜♪

IMG_1430.JPG


さて散策もして楽しかったマチュピチュ村を離れる時が来ました

IMG_1476.JPG

マチュピチュ駅から列車に乗りオリャンタイタンボまで向かいます。

オリャンタイタンボ駅までの列車は来た時にと同じ列車・・絶不調だった私ももう大丈夫!

来る時には暗くて見えなかった列車の外では・・

IMG_1518.JPG

標高の高い山には雪も見られはじめての国はそれはそれは素晴らしい景色でした(^^)

約1時間半の列車の旅ではお茶とお菓子のサービスがあります♪

今回はチョコとナッツ

IMG_1485.JPG

行きのお菓子はメチャクチャ固くてでもとっても美味しいクッキーだったそうです^^

そうして列車はオリャンタイタンボ駅へ到着

IMG_1526.JPG

ここからバスに乗り再びクスコへ

そう・・忘れてはいない クスコの標高は3400mです(^_^*)




2018年もあとわずかとなりました。

ペルー旅 更新もままならず、なかなか進んでおりませんが来年も続きます。どうぞよろしくお願い致します(*´꒳`*)


皆さま 今年も一年 ありがとうございました。

よいお年を迎えくださいm(_ _)m


nice!(113)  コメント(42) 

天空の古代都市マチュピチュ 技術者の移住区とリャマ・・・♪ [ペルー]

マチュピチュ遺跡歩きも終盤となりました。

一番の見どころ 見張り小屋からの遺跡を最初に見てしまったので まだ続くの?といった感じがですが・・・^^; あともう少し続きますね。

IMG_1261.JPG

ワイナピチュ山の入り口の小屋でひと休みした後、遺跡は居住区へと進みます。

居住の場所というだけあってこの辺りの建物はしっかりとした造りとなっていて立派な街並みが続いています。

居住区にある家の中にあるのは天体観測の石

IMG_1266.JPG

ガイドさんが詳しく説明

IMG_1267.JPG

マチュピチュを発見した時は儀式用の石臼と考えられていましたが 現在では水を張って天体観測に利用していた石と考えられているようです^^


そして コンドルの神殿

地上と天を結ぶ神とされるコンドルの名を冠した建物となっていて巨大な岩が翼を広げているように建っている神殿です。

IMG_1268.JPG

この建物の上部は牢獄、下部は拷問部屋だったという説もあり地面にはコンドルの頭部とクチバシを象った石が置かれています。

IMG_1269.JPG



ここから見える壮大な段々畑と貯蔵庫

IMG_1388.JPG

歩いている人を見ると どれだけ広い段々畑なのかわかります(^^)

見張り小屋も見えますね!

IMG_1390.JPG

そしてこの段々畑のふもとにいるのがリャマ!

IMG_1394.JPG

マチュピチュにはリャマがたくさん居ますが このリャマは野生ではなく以前 撮影か何かで連れて来られたリャマが住みついたのだそう!

IMG_1397.JPG

そんなこんなでもマチュピチュにはリャマが似合います(^^)

ちなみにリャマとアルパカ・・似ていますが もちろん別ものです

アルパカはペルー料理で食べられていたり 可愛らしい動物なのにちょっとかわいそうな気もします^^;

そしてリャマは標高の高い所でしか生息できないのですが2000mほどのマチュピチュでもよほど住みやすかったのでしよう

たくさんの可愛いリャマに癒され そろそろマチュピチュ遺跡も終わりとなりました。

IMG_1403.JPG

ガイドさんが ここでマチュピチュ遺跡、最後の撮影スポットです!と言うことで 皆さん今歩いてきた遺跡をカメラにおさめます(^^)

IMG_1398.JPGIMG_1399.JPG

出口にあるマチュピチュのスタンプ

IMG_1404.JPG

パスポートに押している外国の方がいてビックリしましたが 隣にいたその外国の男性が私にも押してあげるよ!と(*゚▽゚*)エッ

せっかくなので持っていたノートに押してもらいました(^^)

IMG_1409.JPG

遺跡を後に バスで来た道を走りマチュピチュ村まで戻って来ました

IMG_1412.JPG

早朝から出発して戻って来たのがお昼すぎ マチュピチュ村のレストランでランチとなります(*´∇`*)



nice!(121)  コメント(33) 

天空の古代都市マチュピチュ 市街地へ・・・♪ [ペルー]


早いもので2018年 最後の月となりました。

私事なのですが・・・ ^^ 働き方を変えてから少し長いお休みが取りづらくなってしまいました。

今まで年に3回も4回もハワイへ行っていたのがウソのよう!     今年はペルーへ行き世界観も気持ちも変わり もしまとまったお休みが取れたらハワイではない違う国へ行きたいなー        遠くの国がいいんだなぁ(*´∀`*)

はじめての国も一度訪れた国も行きたい国はたくさんあって・・

この先どれだけの国へ行かれるかわからないけと世界への夢は大きいです ♪


そして・・マチュピチュ遺跡歩きは続いています

IMG_1174.JPG

見張り小屋からマチュピチュの絶景を見渡して市街地入り口へ


IMG_1215.JPG

市街地入り口からはまるで計算されたようにピッタリとおさまっているワイナピチュが見えています。

IMG_1228.JPG

ここから遺跡の中を歩きます^^

IMG_1224.JPG

太陽の神殿と陵墓

IMG_1225.JPG

巨大な石を利用して造られた神殿はマチュピチュでただひとつの曲線を描いく建物となっています。奥には墓石のようなものがありミイラが安置された墓と考えられていました・・・ただ実際にはミイラは発見されなかったそうです^^

農業試験場と言われる小さな段々畑

IMG_1253.JPG

ここではマチュピチュで栽培できる食物や植物の研究をしていたとされているところです。ここから多くの植物が発掘されているそうです。古代人は研究熱心だったようですね。

マチュピチュの中で最も高い位置にある主神殿とインティワタナ

IMG_1247.JPGIMG_1252.JPG

巨石を削って造られた「太陽をつなぎとめる石」と言わる遺跡の中で一番高く太陽に近い場所にあるパワースポットとなっています。みなさん手をかざしてパワー充電!(*´꒳`*)

角柱は各角が東西南北を指し太陽歴や日時計として使われていたのではと考えられています。

左側のワイナラ建築の小屋と聖なる岩

IMG_1257.JPG

そしてここはワイナピチュの入り口

IMG_1259.JPG

マチュピチュ遺跡の西側に位置するワイナピチュ山、ちなみに東側にある山がマチュピチュ山となっています。よくマチュピチュ遺跡と一緒に写っているのは西側のワイナピチュです

マチュピチュ遺跡へ来たら絶対登ってみたいと思っていたワイナピチュ 残念ながら今回のツアーでは時間がなく行く事が出来ませんでした(´・ω・`)

今回わたしがペルーへ行くキッカケとなった息子達はマチュピチュでの滞在が二日間あり一日が自由行動・・事前に申し込み登山する事が出来たようです。

以前訪れた私の両親も念願のワイナピチュ登山をしています^^      いいなぁ〜 ^^♪

話を聞けば聞くほど行ってみたくなるワイナピチュ・・・             この上から謎に包まれた天空都市と連なる山々の絶景を是非とも見て見たいものです(*'▽'*)

遺跡歩き 今回で終わると思ったのですが思いがけず長くなってしまいました。あと少し続きますね(^^)



そして遺跡は技術者の住居へ進みます(*´꒳`*)


nice!(121)  コメント(26) 

天空の古代都市マチュピチュ・・・♪ [ペルー]

ペルー3日目 

マチュピチュ村からシャトルバスに乗り山道を走ること約30分

マチュピチュ遺跡に到着しました。

IMG_1052.JPG

遺跡内にはトイレがないのでここで必ず入るよう促されました。

(有料トイレは2ソルです)


ガイドさんの説明を聞いて さぁ出発です♪

IMG_1074.JPG

入場後ほどなく急勾配の坂道が・・・これが結構キツイ・・・^^

IMG_2383.JPG

坂道を進んで行くと見えてくるのがワイナピチュと貯蔵庫

IMG_1082.JPG

いくつもある貯蔵庫にはここで採れた農作物や農具を保管していたそうです。

IMG_1093.JPG

こうして見るとここは本当に山に囲まれた天空都市

IMG_1086.JPG

なぜこんな急峻な山の尾根にマチュピチュを造ったのか・・・

今でも多くの謎が残るインカの遺跡

発見されてからはスペインの侵略から逃れたインカ帝国が造り上げた伝説の都市と考えられてきましたが最近では第9代皇帝パチャクティの離宮という説も有力です。 まだまだ解明されていない事も多く やはりマチュピチュは神秘の遺跡です・・・(*´∇`*)

IMG_1097.JPG

三角屋根の向こうに見えるのは・・・


そしてさらに進むと見えてきました マチュピチュ遺跡!!

IMG_1103.JPG

山々に守られマチュピチュ遺跡が姿を現しました。

IMG_1109.JPG

IMG_1108.JPG

まさに絶景・・・ため息のような言葉しか出てきません(´∀`*)

今まで漠然と思い描いていたマチュピチュ

いまこうして自分の目で見ている事が現実 目を閉じても消える事のない現実

"あぁ・・来てよかったー"

何度も何度も心からそう思いました(*´∀`)♪


ここでたくさん写真を撮っても同じようなものばかり^^

本当にマチュピチュへ来た証拠の一枚(笑)

ガイドさんと一緒に・・・♪

IMG_2382.JPG

クスコからマチュピチュでのガイドさん! いろんな場所でドンドン皆さんの写真に入ってくれました。

思い出の一枚がたくさん増えてとてもよい思い出となりました(^^)

IMG_1159.JPG

急斜面に広がる段々畑

IMG_1160.JPG

その段々畑の最上段に立つ見張り小屋

IMG_1193.JPG

ここからマチュピチュ全体が見渡せるため見張り小屋になったのだそうです。

そして遺跡歩きは市街地入り口へ続きます(^^)



nice!(120)  コメント(35) 

オリャンタイタンボからマチュピチュ村へ・・・♪ [ペルー]


はじめに・・・^^

前記事でコメントをくださった皆さま 

この度は書いてくださり本当にありがとうございましたm(_ _)m

久しぶりのコメントはとても嬉しく大切に読ませていただきました。

最近のわたしの記事では 皆さまにコメントをいただける事を書けていないと考え コメント欄を開けるのは控えていました。

今回は思いがけずのコメント欄となり私の中で納得できる記事を書けているわけではありませんが・・・これからも少しずつでも更新できたらいいなと思っています^^

皆さま これからもどうもよろしくお願いいたします(^^)



そして ペルーは2日目 後半

クスコの街歩きを終えてバスでオリャンタイタンボ駅へ到着しました。

列車が出発したのが19:30・・・ 夜なので外の景色は見ることが出来ませんが なにしろ絶不調のわたし

もし外の景色が素晴らしく見えたとしても それどころでは無かったです(*゚▽゚)ノ

この列車は向い合わせの4人席

座る場所もすでに決まっていますが 空いている席があるのでそちらで休ませていただけました(*´-`)

この時の荷物ですがスーツケースはクスコへ置いて来ているので1泊2日分の荷物を準備して列車に乗っています。


オリャンタイタンボ駅から1時間30分 マチュピチュ村へ到着

駅からすぐ近くのホテルへ

IMG_0959.JPG

ここで遅い夕食の時間ですが 私はとても食事をとるどころでは無いのでチェックインしたあと部屋で休ませていただくことにしました^^

この時 添乗員さんが酸素濃度を測ってくれましたが 以外にも高山病の数値では無かったです。

標高3400mのクスコから2040mのマチュピチュ村へ来たので少しは落ち着いて来たのかも知れません(*´-`)

ひどい高山病になると呼吸困難や昏睡状態になる事もあり本当にコワイ高山病・・・! 

強制下山をしなければならず旅を続ける事が出来ない方も多いと聞きます。

そんなわたしは寝不足と疲れによる体調不良と言う事になりひとまず安心です(*´꒳`*)



一晩休んで翌日

IMG_0991.JPG

マチュピチュ村の朝 6時に出発します

ホテルでは簡単な朝食も用意されていました。

IMG_0962.JPG

ここにも高山病に効くというコカの葉がありました!

IMG_0966.JPG

ペルーといえばマチュピチュというイメージがありますがマチュピチュ遺跡に行くには必ず通るこちらの村

マチュピチュ村はアンデス山脈の中央に位置する人口約3000人ほどの小さな村ですが 温泉が湧き出る事からアグアス・カリエンテス(熱い水)と呼ばれていました。

そしてこの村の初代村長さんは日本人

クスコからマチュピチュまでの線路の建設に携わり村初のホテルを開業したり水力発電所を建て電力を供給したりマチュピチュ村の発展に尽力した方です。

IMG_0996.JPG

温泉が湧き出ていたり遠く離れたこの国でまるで何処かの温泉地のような日本を感じられるのはなんとなく懐かしい感じもして来ます(^^)

IMG_1001.JPG

村にはお土産屋さんや飲食店もありますが早朝なので開店しておらず

IMG_1009.JPG

こちらは後でのお楽しみに・・・♪

IMG_1015.JPG

村のあちこちにある 可愛らしいゴミ箱

IMG_1020.JPGIMG_1021.JPG

ちゃんと分別されていますね!

村の中心にあるアルマス広場

IMG_1027.JPG

こちらでもパチャクティ皇帝の像

IMG_1029.JPGIMG_1033.JPG

さてマチュピチュ遺跡へ行くバス乗り場へ・・・

IMG_1046.JPG

遺跡には早朝から行くのがベストなので すでに大勢の人が並んでいます^^

IMG_1047.JPG

26台のバスが一日に何往復もしているのですが それでも足りないそうです。

大勢の人が並んでいる割りには早く進み程なくバスに乗り出発!!

IMG_1049.JPG

そしてバスは山を走りマチュピチュ遺跡へ向かいます(*´∀`)♪

nice!(124)  コメント(26) 

美しき古都 クスコの街歩き・・・♪ [ペルー]


ペルー2日目

リマからクスコへやって来ました^^♪

IMG_0817.JPG

IMG_0809.JPG

1983年に世界遺産に登録された美しい街クスコ  3400mの高地にあるこの街で心配なのが高山病!坂道が多いクスコの街は酸素が薄いので日本にいる時のペースで歩くのは厳禁  ゆっくり ゆっくり歩きます。そうは思っていても ついついいつものペースに^^;

IMG_0818.JPG

バスを降りた時の気温は高め 日差しも結構強く 上着もいらず

 半袖でも行けそうです。

IMG_0810.JPG

IMG_0823.JPG

この辺りから 可愛い小さな民芸品のお店が多く並び歩いていても見ても楽しい〜♪

クスコで多く見られる石畳みが続く壁は石組みで作られていて重なり合う石は角度だったりずらすことにより強度を高め揺れにも強い構造となっているそうです。

大小の石が綺麗に組まれた石組みは一見の価値あり(^^)v

IMG_0829.JPG

そしてこの先にあるのが 「12角の石」
IMG_0837.JPG
真ん中の大きな石が12角の石
IMG_0847.JPG
"すき間のない精巧な石組みにはカミソリの刃も通さない" と言われる事は有名です

周りの石と組み合わせる為に多角形に削られた石・・・インカ文明の高度な技術がわかります。

IMG_0864.JPG

クスコ市民の憩いの場 アルマス広場

IMG_0869.JPG

カテドラルはインカ時代の神殿を壊して建てた大聖堂

IMG_0876.JPGIMG_0881.JPG

そして広場中央にはインカの帝王 パチャクティの像

IMG_0894.JPG

少しゆっくりしたあと自由行動となりランチタイムに・・

と言ってもどこに行ったらよいのか、どこに何があるのか分からないので希望者はガイドさんと一緒にペルー料理のお店へ ♪

IMG_0920.JPG

本格派ペルー料理のお店は「プカラ」

IMG_0916.JPGIMG_0905.JPG

日本語のメニューもあるけど ここはガイドさんオススメの料理を・・カンタンなものがいいなぁ^^


ニンニクスープ 18ソルと

IMG_0912.JPG

 

じゃがいもコロッケ20ソルをシェアします。

IMG_0913.JPGIMG_0915.JPG

大きなコロッケの中は具沢山 じゅうぶんな二人分はあり

野菜のマリネが添えられていました(^-^ )


IMG_0918.JPG

ここプカラは日本人シェフが作る本格派ペルー料理のお店という事でガイドブックにも大きく載っている!日本人の口にも合うように作られた美味しい料理でした (*´∇`*)


そんなわたし・・クスコに来てからずっと頭が重い!

そしてペルーに来てから食欲がゼロ!

・・・これは、まさかのと言うかやっぱりと言うかの高山病の初期症状 (・・?)

IMG_0875.JPG

そんな心配をしながら賑やかなアルマス広場のスターバックスとお土産屋さんをのぞいたあと


サント・ドミンゴ教会へ行きますヽ(*´∀`)

IMG_0930.JPG


インカ時代の宮殿は太陽の神殿と言われた美しい教会

IMG_0935.JPGIMG_0946.JPG

中庭を囲む回廊に


IMG_0952.JPG

高台からはクスコの美しい街並みが見渡すことができました(*´∀`*)


さて・・夕方になり暑いくらいの日中とは打って変わって気温も下がりすご〜く寒くなってきました!この気温差が体調を悪くするよう・・・頭痛に加え教会の中を歩いている時から気持ち悪くなりオマケに今までで一番ではないかと思う程の腹痛が・・・( T_T)

あぁ最悪だ!何を優先した薬を飲んだらよいのかサッパリ分からない!一応鎮痛剤を飲んだけれどこの薬が体調に合わなかったよう・・・クスコに来た時に頭痛薬を飲んでからあまり時間をあけずにまた違う飲んだからかなぁ(・・?)


そんなこんなでも このあとクスコからバスに乗って80km離れたオリャンタイタンボ駅まで向かいます。

約2時間の移動ですが もうすっかり日も暮れた夜の道をバスは走ります。その間ドンドン体調が悪くなりバスの中ではグッタリ。。。

IMG_0958.JPG

オリャンタイタンボ駅での写真はこれだけ・・・やっと歩いて列車に乗り

頭痛い、お腹痛い、気持ち悪い 最悪の体調のワタシ。


ここから列車はマチュピチュ村へ向かいますε-(´∀`; )

nice!(127)  コメント(25) 

リマからクスコへ・・・♪ [ペルー]


ペルー2日目

リマのホテルへ到着したのがAM2:20

宿泊手続きや翌日のスケジュールを確認して各自部屋へ

この時すでにAM3:00 

ゆっくり休みたいところですが ホテルを出発するのはAM7:15

モーニングコールは5:30です(*゚▽゚)


ホテルはエルタンボⅡ

IMG_0746.JPG

それほど大きなホテルではない様ですが 7階の部屋は広さもあり清潔感があって居心地が良く短時間でもそこそこ休む事が出来ました^^

IMG_0704.JPG

2日目の夜はスーツケースは持たず一泊分の荷物を持って列車に乗って移動するのでその支度もしなくては・・・

それでも今までずっと機内やバスの中で座りっぱなしだったので少しでもベットで休めたのはよかったです(*´∀`)♪


朝 ホテル出発前に

ペルーのホテルの朝食はどんななんだろ? 気になるので行ってみることに・・(^-^)

IMG_0710.JPG

スクランブルエッグにソーセージにポテトフライなどに

IMG_0731.JPG

少しの野菜はトマトやキュウリ、オリーブとか

IMG_0712.JPG

フルーツにハムやチーズ、数種類のパンなど

IMG_0718.JPG

シリアルや温かいミルク、フレッシュジュースもあり軽めとはいえ朝食には十分でした ♪

IMG_0724.JPG

この日の朝のわたしといえば・・いつの朝と変わらないと思っていたのですが 睡眠不足という事もあり今朝もまったく食欲がない^^;

IMG_0743.JPG

マンゴーとパパイヤをお皿に取ってくれましたが・・・コーヒー少しでご馳走さま (^_^;)



外に出て朝のリマ

少し曇っていますが寒くはないです

IMG_0749.JPG

到着した時は夜だったので暗くて外やホテルの様子はまったく分からなかったのですが

朝になり出発前に見ることが出来ました^^

このホテルには5時間くらいの滞在でしたが5日目にまたリマへ来るので こちらへ宿泊する事になっています。

リマの道路の向こうには後日お買い物に行ったスーパーがありました^^♪

IMG_0750.JPG


ホテルからバスでリマの街へ 進行方向左側は太平洋 ♪

IMG_0764.JPG

運転環境が南米ワーストワンのリマの朝の道路はスゴイことになってる!!

IMG_0773.JPGIMG_0774.JPG

割り込み、信号無視、道路を逆走は当たり前・・よく事故にならないのが不思議な道路

クラクションがずっと鳴り響き こんな道路絶対に運転出来ないし運転したくないな^^;



そしてリマ空港  ラタム航空の国内線でクスコへ出発

IMG_0777.JPG

約1時間30分でクスコに到着 

IMG_0789.JPG

インカ帝国の首都 アンデス山脈の標高3400mに位置するクスコ

IMG_0795.JPG

外に出ると体感的にもリマに比べて空気の薄さがわかります

IMG_0792.JPG

身体が慣れてくるまで意識してゆっくり歩き大きく深呼吸して酸素を全身に行き渡らせるようにしていきます。

日本とペルーの時差はマイナス14時間 気温はリマ、クスコとも朝晩の気温の差が大きく朝晩は10°c以下になる事もありかなり寒く・・・

日中は20℃くらいになり乾季でもあるので一度も雨に降られる事もなく今の時期の日本とあまり変わらなかった様な気がします^^

IMG_0805.JPG


さて・・クスコの空港で現地のガイドさんと合流

ここからバスで移動して世界遺産に登録されたクスコの美しい街並みを歩きます (*´꒳`*)




nice!(97) 

南米ペルーへ出発・・・♪ [ペルー]


世界中 一生に一度は行ってみたい国はたくさんあるけれど 本当に行ける国はそんなに多くないのかも・・・

ペルーもそんな国のひとつ ^^

9月に息子夫婦が10日間のペルー旅行へ行くことに・・・

久しぶりの海外旅行と言う事で旅の相談やペルーのお国事情を聞いているうちに自分もペルーへ行きたい気持ちがどんどん大きく・・^^♪


日程がかぶってしまう為 9月下旬から予定していたハワイ旅をキャンセルしてペルーへ行くことにしました (^^)v

IMG_2351.JPG


今回のペルー旅は8日間

息子夫婦は10日間ですが 8日間でも行きたい場所は効率よく回れます。

8日間 仕事を休むのも心苦しいのですが

なにより旅費が高額〜〜^^

ハワイ旅3回以上に・・・!

それが更に2人分となると・・・(*゚▽゚*)ビックリ

でも今のタイミングを逃してしまったら次はいつ行かれるかわからない・・・

思い切ってペルーへ出発します (^^)v


IMG_0538.JPG

それにしても日本の裏側・・・・・

南米ペルーは遠かった〜〜(´∀`*)


出発・・・

成田空港から約10時間のフライトでロサンゼルス空港へ到着

IMG_0635.JPG


到着後3時間の乗り継ぎで

ロスから航空機を乗り継いで約9時間でペルーの首都リマへ到着 ♪

IMG_0687.JPG


成田、ロサンゼルスまでANAで・・・

10時間のフライト中 機内食が2回 !

IMG_0558.JPG


IMG_0583.JPG


ロサンゼルス、リマまでラタム航空で・・・

9時間フライト中 機内食が2回!!

IMG_0671.JPG


IMG_0677.JPG



温かい食事を提供してくれるのは有り難いのですが・・一日中機内で過ごしているので まったくお腹も空かなく食欲もなかったです^^

IMG_0678.JPG


日本を出発して約24時間 リマ空港へ到着!

空港でペルーの通過 ソルに両替 $50しました

1ソルは約40円で計算します。

空港を出て現地のガイドさんと合流してバスでホテルへ・・・

この時のリマ時間 AM2:20 

日本出発から約25時間・・・寝る間もなくあと数時間でホテルを出発します (^-^)



nice!(98)